DOC'S BEST CERTIFICATE

当院のドクターは、この「ドックスベストセメント療法」の認定医です。

ドッグベストセメントとは

ドッグベストセメントの仕組み

ドックスベストセメントはアメリカで生まれた虫歯のセメント状で詰めるお薬です。

虫歯を完全に削らず、最小限の一部分の切削で、ある程度、歯質を残したまま薬の成分で無菌化し、虫歯を治していく方法です。お薬の成文は天然ミネラル成分で安全なものです。

当院のドックスベストセメントの見解

ドックスベストセメント

ドックベストセメント法は、歯科医師によってさまざまな意見があります。当院としては、ドッグベストセメント法は、虫歯治療の一環として取り入れるべきだと考え、導入にいたっております。

  • あまり2次カリエスを取りすぎるよりは、まずこの薬剤で試す価値がある(診査・診断後に決定します)
  • セメントの成分が虫歯を殺菌する
  • 虫歯を仮に取り残したとしても、虫歯になった箇所も含めて象牙質を固めてくれる作用が期待できる。
  • セメント状なので、虫歯の箇所に置くだけでよく操作性がよい
  • 虫歯が進行しないように感染象牙質の段階で止める。
  • 適切に使えば、歯を大きく削ることなく、神経を残す事も期待できる

起源はドッグ・ホリデーという歯科医師から

ドッグ・ホリデー

ドックスベストセメント法は1872年にアメリカ・フィラデルフィアのペンシルベニア歯科大学のドック・ホリデーという歯科医師の発想・治療から始まったと言われています。

歯科大学で6歳の女の子の奥歯に自分が当時研究していた「レッドカッパーセメント」の治療を施します。なんと、その子どもは1967年に102歳で死去しましたが、治療した奥歯は再発することなく健全に保たれていました。

1990年代に入り、アメリカの歯科医師・ドクター・ティムが、一人の患者さんの歯に入っていた赤いセメントの材質に着目しました。歯垢だらけの患者さんであったにも関わらず、虫歯が一本もなかったためです。

ドクター・ティムの研究により、100年以上の時を越えて現代にドックベストセメントが誕生し、ドック・ホリデーの研究が実りました。

注意点

  • あくまで初期の小さな虫歯や神経(歯髄)の奥深くまで到達している虫歯には使えない
  • どんな虫歯でもすべて治ることは期待できない
  • 報道で特集されるような、あたかもすべての虫歯が治る魔法の薬ではない
  • 従来の根管治療の基本治療の技術も大事
LINEで質問
初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
関内馬車道デンタルオフィス
050-7542-6444045-299-0488平日 11:00-15:00 / 17:00-21:00
土曜日 11:00-14:00 / 16:00-19:00
水曜・日曜・祝日:休診
診療時間
▼土曜は11:00-14:00 / 16:00-19:00
  • 診療予約
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

8月より毎週金曜の休診日が毎週水曜に変更になります

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町5-68 馬車道RAビル2F
電車 地下鉄ブルーライン「関内」駅 7番出口 徒歩 30
JR京浜東北線・根岸線「関内」駅 徒歩 2
東急東横線・みなとみらい線「馬車道」駅 5番出口 徒歩 5
JR京浜東北線・根岸線「桜木町」駅 徒歩 8

詳しいアクセス・地図はこちら