毎晩いびきをかいてお困りではありませんか?就寝時に吸が止まっていると指摘されたことはありませんか?もしかしたらそれは睡眠時無呼吸症候群かもしれません。当院では、いびき・睡眠時無呼吸症候群の治療方法として、スリープスプリント(マウスピース)治療や外科治療を行っております。

スリープスプリント治療

スリープスプリント

夜寝る時に口腔内にマウスピースを装着し、これにより睡眠中に舌根が沈下することを防止して気道を確保し、いびきを防止する取り外し式の透明な装置です。

この装置で、下顎をいつもの噛み合わせより少し前に出した状態で噛み合わせることにより、舌が気道を狭くするのを防ぐ仕組みです。

スリープスプリントをつくるには?

  • 現在の医科の主治医からの紹介状、治療依頼書が必要になります。睡眠時無呼吸症候群の治療を受けている先生に、関内馬車道デンタルオフィスでマウスピース治療を受けたいとお伝え下さい。
  • 口の中に残っている歯が20本以上あり、顎の関節に問題がないこと
  • 18歳以上の方
  • 慢性的な鼻閉、偏桃肥大、アデノイドなどの上気道の形態的な異常がない場合

…などが条件となります。

外科治療によるいびき改善

下顎骨隆起除去

下記の症例は、過度な咬み合わせ・食いしばりにより、下顎の頬側の骨が隆起して、就寝時に気道の確保が困難となり、いびきを発生させてしまっていたケースです。

下顎骨隆起除去

下顎骨隆起除去

このような睡眠時無呼吸症候群の原因の一つである下顎骨骨隆起の切除も当院では外科処置で対応できます。リラックス無痛麻酔を施し、安全に治療を行います。

⇒歯科口腔外科・病理専門外来についてはこちらから

睡眠時無呼吸症候群の危険性

いびき

睡眠時無呼吸症候群による日中の眠気は集中力の低下をひきおこし、運転中などは危険な居眠り運転を引き起こす原因となります。

この病気は十分な睡眠が取れなくなる為に、昼間、急に睡魔に襲われることもあり、それが車の運転中であったりすると大事故につながったりします。

チェック項目

  • 毎晩いびきをかく
  • 寝ている時に呼吸が止まっていると指摘された
  • 日中よく眠くなる
  • 休んでも体がだるい、頭痛が良く起こる
  • メタボリックシンドロームと診断された

自分で出来るいびき予防方法

横寝

軽度な睡眠時無呼吸症候群であれば…

  • 枕を低くしてみる(これにより少し下顎が上向きになり気道が確保できる場合がある)
  • 横を向いて寝てみる
  • 食事やお酒を控えて(ダイエットして)、首の回りの脂肪を落とす
  • 就寝前に点鼻薬等で鼻の通りをよくする

…等で、改善されるケースもあります。これらのセルフケアでも改善されない場合、早急に医科で専門的な治療を受けられることをおすすめいたします。

LINE@ ID:@kbdental
初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
関内馬車道デンタルオフィス
050-7542-6444045-299-0488月~木 11:00-15:00 / 17:00-21:00
土曜日 11:00-14:00 / 16:00-19:00
金曜・日曜・祝日:休診
  • 診療予約
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
診療時間
▼土曜は11:00-14:00 / 16:00-19:00

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町5-68 馬車道RAビル2F
電車 地下鉄ブルーライン「関内」駅 7番出口 徒歩 30
JR京浜東北線・根岸線「関内」駅 徒歩 2
東急東横線/みなとみらい線「馬車道」駅 5番出口 徒歩 5
JR京浜東北線・根岸線「桜木町」駅 徒歩 8