医療費控除各種診断書

当院のインプラントの特長

当院では、できるだけ安心の出来るインプラントを提供するために、信頼性のあるメーカーを厳選し、リーズナブルな価格で、痛くない腫れない安全なインプラント治療を目指しております。事前の無料相談を行っておりますので、お気軽に当院までご来院ください。

インプラントインストラクターアドバイザー

料金表

当院では、インプラント費用を分かりやすくするために、CT撮影料金、インプラントスクリュー代、術後のお薬代金など、諸費用全てを含んだ料金のご提示となっております。(税別表記)

インプラント料金表

※インプラント治療のみを行った場合に限ります。
※インプラント以外の治療を行った場合は、別途費用がかかります。

なぜ安いのか

当院のインプラントはコンセプトとして「利益追求型」ではありません。当院では市場価格の約4割引き程の値段でインプラント治療をお受けいただけます。まずは無料相談にお越しください。

その他上部構造やオプション治療

お好みや症例に応じて、上物(上部構造)をやオプション治療をお選びいただけます。

詳しい個別の料金については、インプラントの費用・料金表ページをご覧ください。

インプラント費用

ブレーンベース社公認マイティスアローインプラントシステム〔米国FDA取得〕クリニカル医院

歯科医

インストラクター認定

アメリカでFDAを取得しているインプラント「マイティスアローインプラントシステム」を導入し、クリニカル医院を併設しております。

ドクター河合は「マイティスアローインプラント公認インストラクター」として全国でインプラントに関する講演をおこなっております。

マイティスアローインプラントシステムの特長

その1.FDA(アメリカ食品医薬品局)を認証取得

FDA取得

マイティスアローインプラントは2006年にFDA(アメリカ食品医薬品局)を認証取得しております。FDAは日本に輸入されている医薬品の認可などを行っている機関で、審査基準が非常に厳しいことで有名で、世界規準の一つとして考えられています。

日本で認可されている歯科治療に使われる医薬品、治療機器類などもFDAで認可のものが多数あり、世界中で非常に権威ある機関として信頼されています。国産インプラントではマイティスアローインプラントが唯一FDAを取得しています。

その2.世界16ヶ国へ輸出

世界16ヶ国

マイティス・アローは優れたインプラントメーカーの一つとして知られており現在、世界16ヶ国へ輸出しております。日本国内においても高品質のインプラントの一つとして歯科医院で取り扱われ、その高い術式と安全性から高い評価を受けています。

その3.鯖江工場製の精密な国産スクリューを使用

鯖江眼鏡

マイティスインプラントは、インプラントフィクスチャーとアバットメントを止めるネジが国産メガネで有名な福井県・鯖江工場のネジを使用しており、それだけ精密に作られています。フィクスチャーは神戸製鋼の純チタンを使用しています。

私の両親の治療にもマイティスインプラント

インプラント歯科医

このようにメイドインジャパンの信頼性の高い部品からマイティスインプラントは作られます。自分の両親の治療にもマイティスインプラントを入れています。身内にも勧めたいインプラントメーカーの一つです。

関内馬車道インプラントクリニックのこだわり
安全性・成功率を高める安心対策

リラックス麻酔で痛くない・怖くない・腫れない

リラックス麻酔

テープ麻酔による局所麻酔と静脈内鎮静法を併用したリラックス麻酔を行っております。これにより患者さんは、術中、眠ったような感覚でリラックスしながらインプラント治療をお受けいただけます。治療中のこともほとんど憶えていないので「すぐ終わった」「まったく痛くなかった」等、お喜びの声をいただいております。

当院では、院長のドクター河合が、麻酔を直接担当します。痛くない麻酔のかけ方、治療を開始るタイミング等にもコツやポイントがあり、「河合式リラックス無痛麻酔」として、他にはない無痛治療をご提案しております。

院内にリカバリールーム(回復室)を設置(日帰り入院設備)

リカバリールーム

リカバリールームをご用意し、このリラックス麻酔後は、回復するまでお休みいただき、ごゆっくりおくつろぎいただきながら、ご帰宅いただくことも可能です。インプラントはしたいけど、痛みは苦手…という方は、まずご相談ください。

術後も腫れない

術後の腫れ

インプラント治療後に炎症で大きく腫れた、という声を聞いたことはないでしょうか。当院では「術後どうしても腫らしたくない」という方のケアも万全です。術後の腫れ止めの飲み薬に加えて、ご希望により、術中に事前に腫れないための点滴を行うこともあります。

他にも抗生剤の点滴、お身体の免疫力を上げるニンニクビタミン注射なども行わせていただき、腫れないインプラント治療を実現させております。

ドクター自身が麻酔も担当する理由

歯科医

一般的なインプラントをする歯科医院では、外部から麻酔科医が来て、患者さんに麻酔をして帰ることが多いのですが、当院では、インプラントを施術するドクター河合がリラックス麻酔も担当します。

これは、大学病院などでの経験から日頃から静脈内鎮静法を数多く行っていたこともあるのですが、最も痛みを感じない麻酔のかけ方や時間帯など、これまでの経験からドクター河合自身が痛みのメカニズムを分かっているためです。外部の麻酔医ではこのような理解はほとんどありません。

インプラントをする歯科医師が麻酔も兼任することで、より安全で痛みを感じないインプラント治療を実現させております。

関連項目⇒無痛リラックス麻酔はこちら

CT撮影&ガイドサージェリー、血液検査で安全・安心

歯科用3D-CTを院内で撮影・解析

歯科用CT

当院内に歯科用CTを設置しています。一般的な歯科医院では、大きな病院やCTセンターなどに外部撮影依頼をすることが多いのですが、当院では、院内に高機能かつ小型のCTを設置していますので、わざわざ外に足を運んでいただく必要がありません。通常のレントゲンと同じように楽に撮影が可能です。

撮影した3Dの立体画像を元に、骨の厚みや高さ・奥行き、触れてはいけない神経や血管の位置などを確認し、より安全にインプラントを埋入していきます。

詳しくはこちら⇒インプラント等の診断時に役立つ歯科用3D-CT

ガイドサージェリーでより正確に手術(mytis guide)

ガイドサージェリー

さらにCT撮影3Dデータと光学口腔内スキャン「トリオス」のデータを元にガイドサージェリーを製作できます。これは埋入前に患者さんの歯牙や歯肉にガイドをあてがうことで、埋入方向・角度・深度などをより正確・安全に決めることができる手術アイテムです。

ガイドサージェリー

ガイドサージェリーはケースによっては低侵襲フラップレス手術(歯ぐきを切らないインプラント)も可能にし、腫れや痛みを軽減します。

さらにトリオスでスキャンして上部構造を完成させるため、嘔吐反射の方専用のインプラント治療計画も可能になります。

術前の血液診査で安心

血液診査

当院では、インプラント術前診査・診断の一つとして、採血による血液検査を行っております。これにより患者さんの全身健康状態を把握し、インプラントオペの可否や外科手術リスクを推測・回避します。

インプラントは外科処置ですので一般的に医科における外科処置は、血液検査で全身状態を術前に把握しておくものです。しかしながら一般的な歯科診療所では外科処置において全てのクリニックで血液検査を必ずするかとういうとそうではありません。患者さんのお身体の安全面・健康面を考えると、インプラント術前の血液検査はやってしかるべきだと考えています。

オペ室と滅菌・衛生管理の徹底

滅菌

インプラントは当院専用の個室内で、清潔な環境下で行います。ドクターと周りをサポートするスタッフ間の清潔域・不潔域の区別、器具の滅菌・ドレーピングをきちんと行います。

外科処置をするのであれば、当然の事なのですが、一般的な街の歯科診療所では、これらをやっていないところも多いと聞きます。

衛生管理を徹底することで、術後の感染対策につながり、インプラントの成功率にも関わってきます。

ヨーロッパ基準「クラスB」オートクレーブを設置

クラスBオートクレーブ

インプラントは外科処置ですので、感染予防対策も高いレベルが求められています。当院では院内感染予防システムのひとつとして、JIS規格と、厳格とされるヨーロッパ規格(EN13060・クラスB基準)に適合した「クラスB」オートクレーブを導入し器具の滅菌を行っております。患者さんはもちろんのこと、院内スタッフにもより清潔な診療環境を実現します。

当院の院内感染予防対策・衛生管理について⇒詳しくはこちら

空気中のウィルスを除去
「光速ストリーマ除菌ユニット」+「医療用空気清浄器」

光速ストリーマ除菌ユニット 医療用空気清浄器

院内感染防止で気を付けなければならないのが、空気中の浮遊物です。当院ではインプラント等の外科処置前にはオペ数時間前に必ず高機能の空気清浄器「光速ストリーマ除菌ユニット」とオゾンの力で空気中の菌やカビ等を抑制する「医療用空気清浄器」を常に稼働させています。

AEDや呼吸を確保する設備など、緊急時の対応についても万全です。

よりインプラント固定を確実に

光機能化インプラント

UVシャワートリプル0

ブレーンベース社の光機能化インプラント「UVシャワートリプル0」を導入しています。どんなインプラントメーカーの製品でも必ず製造直後からチタン素材は劣化を始めます。

製造直後のインプラントスクリューを使用すればいいかもしれませんが、ほとんどの歯科医院が在庫をかかえながらインプラントを使いますので、それは無理な話です。

光機能化インプラントはチタン表面に紫外線を当てて、チタン素材を活性化させ、血液や歯周組織などとの馴染みをよくさせるための装置です。これによりインプラント表面の「濡れ」が良くなり、骨結合率がより高まることが分かっています。

当院ではすべてのメーカーのインプラント製品で光機能化を術前に行います。

「患者さんのお身体に入るインプラントだから、一つ一つ製品の均整を取りたい」「少しでもこちらの出来る努力を」と考えた時に導入に至りました。骨の結合も日々の臨床の感想にはなりますが、くっつきは良いなと感じております。

MEGA ISQ(即時荷重に対応)

MEGA ISQ

インプラントの初期固定値を計る機械です。当院ではインプラントをただ埋入するだけでなく固定の強さがどれくらい得られたかも数値で計るようにしています。

例えば即時荷重インプラント(即日インプラント)の時など埋入時にすぐに測定します。インプラントの成功のポイントとして初期固定がどれくらい得られるかも重要です。

埋入初期の状態や経過まで把握することができ、より長期的な予後やメインテナンスに役立ちます。

難症例のインプラントに対応、骨造成・再生治療など

美容歯科

当院では、大学病院に紹介されたり、他院で手が付けられない重度・難症例の患者さんもなるべく診ていきたいという明確な診療理念があります。

骨造成や再生治療、オールオン4などに見られるボーンアンカードブリッジ等の技術を用い、難症例インプラント・術式に対応しております。

⇒詳しくはこちら・難症例・骨造成・再生療法のインプラント

美容歯科・美容外科との連携

美容歯科

一般的な歯科医院でも、インプラントを導入するクリニックは増えてきましたが、インプラント以外の他の治療技術との連携がうまく取れている医院は、そう多くはないと思います。

とくに美容歯科・外科とインプラントを総合的に考えられる歯科医院はどこか?と考えた時に、全国でも極めてその数は限られるでしょう。

当院では、歯だけでなくお顔全体(顔貌)を考慮し、歯のデザイン性やお口元のほうれい線、セラミック矯正やガミースマイル、美容顎顔面口腔外科、歯の移植・再生など、ご希望に応じて総合的なインプラント治療を行うことが可能です。

治療後のメンテナンスで永続性を高める努力を

メンテナンス

インプラントの本当の成功率は、本来は治療予後も見つめなければなりません。当院ではインプラントの保証やメンテナンスにも力を入れ、より長く使っていただくための永続性も重要視しております。

インプラント周囲炎の予防のためのクリーニング、プレミアラインによる5年保証、インプラントのネジの緩みをチェックする検診体制(ペリオテスト)も万全です。

事前の無料相談を行っております

無料相談

最後までお読みいただきありがとうございました。ここでご紹介した内容は、当院のインプラントの特長のほんの一部です。これ以外でもさまざまな取り組みを行い、患者さんにできるだけ安全で安心できるリーズナブルなインプラントをご提供していきたいと考えております。

まずは、お気軽に事前の無料相談のご予約をお取りください。保険診療・自費診療に関わらず、患者さまお一人おひとりに丁寧に対応いたします。スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

インプラントの治療内容・リスク副作用などについて

ここでは、医療広告ガイドラインに基づき、歯科インプラント治療についての治療内容・リスク・副作用について記述いたします。

治療内容

歯科インプラントとは歯を失った場所に対し、チタン製金属のインプラント(人工歯根)を埋入固定し、その上に被せ物(上部構造・クラウン)を固定し、咬み合わせ等の口腔機能や見た目を回復する歯科口腔外科手術です。

健康保険と自費の適用、費用について

インプラント治療は自費診療となり健康保険対象外です。

  • 費用:29.5万~44.5万円(税別)/本

リスク・副作用

  • 歯科インプラントは外科手術を伴います。
  • 手術後の腫れ・痛みを伴うことがあります。個人差がありますが、痛み止めや抗生剤をお出ししております。一時的なもので、多くの場合2~3日で治まります。
  • インプラントを固定するために骨造成治療が必要となることがあります。その場合、別途骨造成の費用がかかります。また骨造成治療後、骨ががしっかりと作られるまで3~6ヶ月間の治癒期間が必要です。骨造成が先に必要となる場合、インプラントがすぐに埋入できないことがあります。
  • 歯周病のある方、心疾患、骨粗鬆症等、内科的な疾患のある方は、インプラント治療が適さないケースもあります。また普段服薬しているお薬等も治療に影響する事があります。
  • 免疫力や抵抗力が低下している方、歯周病の発生リスクの高いとされる糖尿病の方、口腔内の衛生状態の悪い方や、あごの骨が足りない方、喫煙者の方は、インプラント治療がすぐにできない事があります
  • 血管損傷・神経麻痺のリスクが伴います。これは血管や神経が「ドリル」や「インプラント自体」によって損傷することで起こるリスクです。インプラント手術の検査~計画を入念に行うことでこのトラブルを回避できます。起こった場合は、回復に数日~数週間の時間が必要です。
  • 上顎にインプラントを埋入する際は、上顎洞膜を破る可能性があります。その場合、他に埋めることが可能な場所を検討します。手術後に抗生剤を服用する事で感染予防をし、膜が自然にふさがるまで治癒を待ちます。
  • お身体の状態や細菌感染により、術後インプラントが骨と結合しない場合があります。この場合、原因を取り除いてご希望により再治療を行います。
  • 口腔内の衛生状態が悪い方、歯ぎしり、くいしばりの強い方はインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)を引き起こす可能性があります。日ごろから丁寧なメインテナンスが必要となり、咬合調整やナイトガード(マウスピース)の装着も必要になる場合があります。
  • 骨の成長途中になるお子様(およそ18歳未満の方)、妊婦の方はインプラントが受けられません。

当院では、上記のようなリスクや副作用が起こらないよう、事前診査・診断、治療計画をしっかりと行い、安全性を期したインプラント治療を心がけております。

LINEで質問
初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
関内馬車道デンタルオフィス
045-299-0488平日 11:00-15:00 / 17:00-21:00
土曜日 11:00-14:00 / 16:00-19:00
水曜・日曜・祝日:休診
診療時間
▼土曜は11:00-14:00 / 16:00-19:00
  • 診療予約
  • 無料メール相談
  • カウンセリング予約

2017年8月より毎週金曜の休診日が毎週水曜に変更

〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町5-68 馬車道RAビル2F
電車 地下鉄ブルーライン「関内」駅 7番出口 徒歩 30
JR京浜東北線・根岸線「関内」駅 徒歩 2
東急東横線・みなとみらい線「馬車道」駅 5番出口 徒歩 5
JR京浜東北線・根岸線「桜木町」駅 徒歩 8

詳しいアクセス・地図はこちら